About us

  • 疲労が蓄積すると体調は悪化し、思考能力の低下にもつながる。

    疲労は、「末梢性疲労」と中枢性疲労」に分類することができます。

    末梢性疲労は、体の疲れです。

    体を動かし続けると、筋肉では蓄えられたエネルギーが枯れ渇し、血流は悪くなり、神経から筋肉の神経伝達が遅れるようになって、筋肉のパフォーマンスは低下します。

    また、運動によって傷ついた筋肉では炎症が起き、筋肉痛といった症状となって現れます。

    中枢神経は、脳の疲れです。

    必ずしも脳や体を使った程度とは比例せず、心理的・精神的な疲れによるものです。

    ストレス刺激が脳内で大きくなると、筋肉の疲労と同じような反応が起き、次第に脳細胞がダメージを受けて疲労を感じるようになります。

    ダウンロード (3)

疲労回復する3つの方法


1.良質な睡眠をとる

睡眠は脳や体の休息時間であり、疲労を回復させるために一番重要です。

質の良い睡眠をとるために、以下の3点を意識しましょう。


・適度な運動をする

・入浴で体を温めリラックスする

・眠る3時間ほど前までに食事を済ませる


2.バランスのとれた食生活に気をつける

3食バランスよく、ゆっくりよく噛んで食べることが大切です。

糖質、脂質、タンパク質のバランスに加え、ミネラルやビタミンもしっかり摂りましょう。


3.生活リズムを整える

生活リズムが不規則になると、睡眠の質の低下や、食生活の乱れにもつながります。

ONとOFFとメリハリをつけ、意識して休息時間を確保することが大切です。

疲労には、運動だけではなく環境ストレス、精神ストレス、睡眠要因などが複雑に関わっています。

慢性的な疲労は、思考能力や注意力の低下、行動量の低下、眼のかすみ、頭痛、肩こり、腹痛などの症状を引き起こします。

疲労を感じたときは、早めに十分な休息や睡眠をとることが大切です。

当サロンではリラクゼーションメニューもご用意しております。

心身の疲れを解消したいときは是非一度お越しください!


皆様のご来店心よりお待ちしております♪

お問い合わせ

Contact

ご入力の上、次へボタンをクリックしてください。